ブランディングの威力と始め方【高くても人気のあるサービスの秘密】

マーケティング

こんにちは、Ryoです。

この記事ではブランディングについてお話ししていこうと思います。
以前お話しした「伝えるスキル」同様に、サービスを買ってもらうためには必須です。

ブランド物やスタバって相場に比べて高いのになんであんなに人気なのでしょうか。

あれはブランディングができているからなんです。

この記事で理解できる事

  • ブランディングとは
  • ブランディングの種類
  • ブランディングを始める方法

ブランディングはお金をかけずに始められるので知っておきましょう。

ブランディングとは

ブランディングってなに?

分かりやすく言うと、好かれることですね。
ブランディングができているとサービスが消費者に好かれるようになります。
つまりブランディングがしっかりしていると百発百中なわけですね。

ブランドとブランディングの違い

ブランドとは消費者の中にある企業イメージです。
そしてブランディングというのは人々の中にあるブランドを形成することです。

4つのブランディング

ブランディングには4つの種類があります。
1つづつ見ていきましょう。

コーポレートブランディング

競合の把握はもちろんしておかないといけません。でもそこに巻き込まれないようにするため、さらには競合を作らないためにはどうすれば良いのか。
それは自社は○○ではないと言い切ってしまうことです。

Googleのブランディング

Googleとは何会社ですか?
テックカンパニー?ってみなさん思いますよね。でも実はGoogleは広告会社なんです。実際に売上の90%は広告収益です。

彼らは自分たちはテックカンパニーだと言い切っています。
こう断言することで数ある広告会社との競合を避けることができ、差別化を図ることが出来ています。

プロダクトブランディング

商品は安ければ良いというわけではないんです。
価格設定は最も利益が高くなるようにすべきなんです。

商品の正しい値付け方法の例を挙げていきます。
>
つまりブランディングがしっかりしていると百発百中なわけですね。

ブランドとブランディングの違い

ブランドとは消費者の中にある企業イメージです。
そしてブランディングというのは人々の中にあるブランドを形成することです。

4つのブランディング

ブランディングには4つの種類があります。
1つづつ見ていきましょう。

コーポレートブランディング

競合の把握はもちろんしておかないといけません。でもそこに巻き込まれないようにするため、さらには競合を作らないためにはどうすれば良いのか。
それは自社は○○ではないと言い切ってしまうことです。

Googleのブランディング

Googleとは何会社ですか?
テックカンパニー?ってみなさん思いますよね。でも実はGoogleは広告会社なんです。実際に売上の90%は広告収益です。

彼らは自分たちはテックカンパニーだと言い切っています。
こう断言することで数ある広告会社との競合を避けることができ、差別化を図ることが出来ています。

プロダクトブランディング

商品は安ければ良いというわけではないんです。
価格設定は最も利益が高くなるようにすべきなんです。

商品の正しい値付け方法の例を挙げていきます。

カフェラテをいくらで売るべきか

高級ホテルがカフェラテを売りだす際の値段設定をしてみます。
初めに、数値事実としてこのような事が挙げられます。

  • 100人対象のデプス調査の結果では500円であれば全員が頼む
  • 1500円では高すぎて誰も頼まない
  • 一杯のカフェラテを提供出来るのに人件費、仕入れ原価など全てを含め300円かかる

これをグラフにするとこうなります。

このように、どれくらいの値段だとどれくらい売れるのかがわかりやすくなります。
利益が見えないので、グラフを変えてみます。

ここで利益が一番残っているのはどれですか?

1杯1000円の時ですね。なので1000円で売るのが正解です。

でもカフェラテの相場はだいたい500円とかだと思うので、そのプラス500円をどうやって生み出すか。ここで必要になるのがブランディングです。
さらに1000円以上で売る事だって可能です。
相場よりも高い価格を付けたいのであればその商品だけを磨き上げて売り出すことをしてはいけません。その商品の付加価値を加えるんです。

マーケティングブランディング

マーケティングブランディングについてお話していきます。

スタバは高い?

スタバのコーヒーとコンビニのコーヒーの値段ってかなり違いますよね。
ものにもよりますが、スタバだと500円、コンビニだと100円。ここでコーヒーの相場は100円になってしまってます。

ではなぜみんなそんなにスタバに行くんですか?
ウチの近所のスタバにもいつも行列ができています。
正直、ブラックコーヒーだと他店とそこまで味は変わらないですよ。

そう考えるとスタバは高いですか?

スタバがフランチャイズをしない理由

スターバックスは絶対にフランチャイズ契約をしません。
フランチャイズをすると、マクドナルドのように回転率を上げるために席数が増えてスペースが狭くなるのは目に見えています。

スターバックスの付加価値は儲けファーストではなく、やはり1人に1人に与えられるスペースです。いかにお客様にゆったりと寛いで貰えるかを考えています。コンセントまで付いてる座席もありすもんね。

こういう構造があるからこそ表面的ブランディングと内面的ブランディングができており、それが価格に反映されているんです。

セールスブランディング

YAMAHAやABCクッキングはセールスブランディングをしています。

いきなりピアノを売ろうとしてもなかなか売れません。
そこで実際に使うことで興味を持ってもらう。
これがブランディングなんです。

このセールスブランディングでポイントとなるのは「商品を売りたければ商品をPRしない、付加価値をPRすべき」です。

付加価値のつけ方

ここまで付加価値、付加価値と言ってきましたが、どうやって付加価値をつけるのかをお話します。
店舗事業において付加価値のつけ方は3種類あります。

空間での付加価値

スタバの例のように空間の付加価値も大切ですが、これにはお金が掛かります。

商品の付加価値

例えば高級食材を使うとかがあります。これにもお金が掛かっちゃいます。

サービスの付加価値

サービスの付加価値にはお金は掛かりません。ほぼ無料で出来ます。
サロンを例に挙げてみます。

いくつかのアロマを用意してお客様が来たときに好きなのを選んでもらう。
次にそのお客様が来店する時には前と同じ香りの物を準備しておく。

たったこれだけでお客様は特別感を感じる事ができ、付加価値を感じてくれます。
いわばサービスとはエンターテイメントなのです。