損益計算書(PL)の見方とは?これだけは押さえておきたいPLの基礎

財務スキル

こんにちは、RYOです。

今回のテーマはPL(損益計算書)です。
難しそうで全く難しくないので、最後まで読んでみてください!

この記事で得られること

・PLの基本
・企業の経営状態を分析するスキル

損益計算書と貸借対照表

財務諸表にはPL(損益計算書)とBS(貸借対照表)があります。

PL(損益計算書)

PL(損益計算書)は一定期間での経営の成績表のことです。
この指標は、どれくらい利益を出したかを表します。

BS(貸借対照表)

BS(貸借対照表)は一時点での財政状態の指標 のことです。
この指標は、財産の状態や会社資金の調達と運用状況を表します。
貸借対照表を解説している記事はこちらです。

PL(損益計算書)の構造

企業のIRなどで見られるPLを上のような表にすると構造がわかりやすいです。
左のオレンジ色の部分が出ていくお金、右の青色の部分が儲けたお金です。
PLは収益と費用を比べて利益(または損失)を出していることを表す仕組みとなっています。(上の表では当期純利益の部分が利益)

PL(損益計算書)の利益の種類

利益について1つずつ説明していきます。
PL(損益計算書)には5つの利益の種類があります。

5つの利益

  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 税引前当期純利益
  • 当期純利益

売上総利益

    売上総利益=本業の利益(売上高ー売上原価)

売上総利益とは、本業の利益のことです。
売上高から本業の商品にかかっている原価を差し引くことで算出されます。

営業利益

    営業利益=売上総利益ー販管費(販売費と一般管理費

営業利益は、売上総利益から販管費(販売費と一般管理費)を差し引いて算出されます。
この販管費というのは本業にかかる人件費や広告宣伝費など、販売に必要となる間接的なコストのことです。(原価は直接的なコスト)

経常利益

    経常利益=営業利益+営業外損益

経常利益は、営業利益から本業以外で獲得した収益(営業外収益)と費用(営業外費用)を加算したものです。
例えば、貸付金などの「受け取り利息」や株式の売却損などが営業外損益に含まれます。

注意点

この本業以外での収益と費用とは、一時的ではなく毎月継続して発生するものです。

税引前当期純利益

    税引前当期純利益=経常利益+特別損益

経常利益まででは継続的に毎月発生する収益と費用を計算していましたが、税引前当期純利益の算出には突発的な損益を加味します。
店舗の売却や機械の故障などがこれに当たります。

当期純利益

    当期純利益=税引前当期純利益ー税金

当期純利益は、税引前当期純利益から法人税などの税金を差し引いたものです。
当期純利益が純粋な企業の利益となるので、この数字がマイナスであれば赤字ということになります。

まとめ

最後にもう一度整理します。

    1.売上高
    2.売上総利益(売上高ー売上原価)
    3.営業利益(売上総利益ー販管費)
    4.経常利益(営業利益+営業外損益)
    5.税引前当期純利益(経常利益+特別損益)
    6.当期純利益(税引前当期純利益ー税金)

PLを理解し、5つの利益に注目することによって、企業の重要な情報を得ることができます。

質問等はインスタグラムからお願いします
インスタグラムアカウント:@ryo_create

合わせてお読みください。