貸借対照表(BS)の見方とは?財務分析に必須なBSの基礎

財務スキル

こんにちは、RYOです。

今回のテーマは貸借対照表(BS)です。
この記事で基礎的なことは誰でも理解できるくらい簡単に説明します。

この記事で得られること

・BSの基本
・企業の経営状態を分析するスキル

損益計算書と貸借対照表

財務諸表にはPL(損益計算書)とBS(貸借対照表)があります。

PL(損益計算書)

PL(損益計算書)は一定期間での経営の成績表のことです。
この指標は、どれくらい利益を出したかを表します。
損益計算書を解説している記事はこちらです。

BS(貸借対照表)

BS(貸借対照表)は一時点での財政状態の指標 のことです。
この指標は、財産の状態や会社資金の調達と運用状況を表します。

貸借対照表(BS)の構造


表の右側では資産(資金)の調達状況を、左側では資産(資金)の運用状況を表しています。
簡単に言うと右側は入ってくるお金左側はお金の使い道です

資産の調達状況

資産の調達には2種類あり、負債(返す必要がある)と純資産(返す必要が無い)に分けられます。
負債の例として銀行からの借入金、純資産の例として株式発行による資金調達などが挙げられます。

資産の運用状況

資産の運用状況とは、調達した資産の使い道のことです。
例として、他社の株式購入や不動産投資などが挙げられます。

資産(資産の運用)

資産には流動資産固定資産の2種類があります。
企業は資産を運用し、お金を回収しますが、この回収スピードに応じて流動資産と固定資産に分けられます。

流動資産(回収スピードが早い)

流動資産の例として、在庫や現金、売掛金などが挙げられます。
売掛金は月末に回収でき、在庫も売れるまでの期間(回収スピード)が早いです。

固定資産(回収スピードが遅い)

固定資産の例として、トラックや建物、備品などが挙げられます。
トラックを500万円で買ったとして、そのトラックを使って500万円を回収するのには時間がかかります。

負債(資産の調達)

資産と同じく、負債にも流動負債固定負債の2種類があります。
考え方は資産と全く同じで、返済期限の長さによって分けられます。

流動負債(返済期限が短い)

流動負債の例として、買掛金や短期借り入れ(1年以内)などが挙げられます。
これらは返済期限が短いので、流動負債となります。

固定負債(返済期限が長い)

固定負債の例として、社債や長期借り入れ(1年以上)などが挙げられます。
これらは返済期限が長いので(1年以上)、固定負債となります。

純資産(資産の調達)

純資産は資産の調達に入りますが、負債と違って返済の必要がありません。
例として、資本金、利益余剰金、新株予約権などが挙げられます。

簡単な財務分析

ここまでの内容を使うだけで簡単に企業の財務分析ができます。

例えば、流動資産より流動負債が大きいと。。。
すぐ返さないといけない負債があるのに返すためのお金が足りないということになります。
この流動比率を見るだけで簡単に企業の財務状況の安全性を判断することができます。

※通常指標では流動資産が流動負債の200%になっていることが望ましいと言われている。

本当はもっと細かく分析する必要がありますが、財務知識を身につけることで得られるものは多いです。

お問い合わせはインスタグラムからお願いします。
インスタグラムアカウント:@ryo_create

あわせてお読みください。